一世風靡「アグネス・ラム」ハワイからの還暦近況報告

芸能週刊新潮 2016年3月17日号掲載

 テレビをつければ「ローラ」や「マギー」など外国人女性タレントを見ない日はない。その元祖とも言うべき存在が、ハワイ出身のアグネス・ラム(59)だ。19歳だった1975年に「90・55・92」という抜群のプロポーションでテレビCMに起用されるや一世を風靡。今は家族と故郷のハワイで暮らす彼女が、還暦を迎えて近況を語った。

 ***

「60歳を迎えることを、日本では『還暦』と言うのですね。でも、こちらにはそういう習慣がないのでとくに感慨はありません。ただ、今後も家族の健康を考えながら家庭菜園などに精を出して行くつもりです」

...

記事全文を読む