「ムネオ効果」はプラマイ“ゼロ”? 北海道5区補選

政治週刊新潮 2016年3月17日号掲載

 一たびマイクを握れば、かつての苦難に思いを巡らせ、ほろりと涙を伝わせる。

「演技派」の鈴木宗男氏(68)が「主役」を食うのは、当然の成り行きであった。4月24日に行われる北海道5区の補選に向けて、自民の和田義明候補(44)の支援に乗り出したものの、イマイチ振るわないのだ。

「和田さんは、義父に当たる故・町村信孝前衆院議長の地盤を引き継いで、弔い合戦に臨みます。当初は民主や維新が推薦する池田真紀さんを10ポイント以上もリードしていたのに、3月頭に党が行った世論調査では、5ポイント差まで追い上げられていた」

...

記事全文を読む