“8億円レベル”の違約金が課せられた「ベッキー」 事務所存亡の危機

芸能週刊新潮 2016年3月3日号掲載

 週刊文春の不倫疑惑報道によって、現在、ベッキー(31)は休業を余儀なくされている。お相手の川谷絵音(27)とは既に絶交しているというが、「妻とは別れる」という台詞を信じ、離婚届が提出されるものと本気で信じていたベッキーは、今も憔悴しきっている様子だという。

 ***

 芸能プロ幹部によると、

「ここ1カ月のあいだ、“私の行動は軽率で未熟だった”と反省の日々が続いています。そして自室に籠って、“お詫びしても許していただけないことは承知しておりますが……”から始まる手紙を、番組の共演者やスタッフにしたためていて、もう100通くらいになったとか。

...

記事全文を読む