ベッキー騒動をネタに「小島よしお」は準優勝

芸能週刊新潮 2016年3月17日号掲載

 ひとり芸で誰が一番おもしろいかを競う、R-1ぐらんぷり。2002年に始まり優勝賞金は500万円。

「アマチュアでもベテラン芸人でも挑戦できる。日本一を決する真剣勝負の場で、注目されます」(芸能記者)

 14回目の今回は3786人が参加。その頂点に立ったのは芸歴24年目のハリウッドザコシショウ(42)だ。木村拓哉や森進一らを誇張させたものまねが、審査員の間寛平、関根勤、清水ミチコらから喝采を浴びた。

「松本人志や有吉弘行ら芸人には評価されていても不条理な笑いで、テレビでは受けにくかった。

...

記事全文を読む