AKBなら「マリコ様」でも「2時間サスペンス」はチョイ役

芸能週刊新潮 2016年2月11日号掲載

 確かに、彼女の現状を考えれば、お似合いの仕事ではある。この3月で三十路に突入する“マリコ様”こと篠田麻里子が出演したのは、犯人を“崖っぷち”に追いつめるハイライトシーンで有名な『土曜ワイド劇場』(テレ朝系)。AKB48として頂点を極めた彼女も、いまや崖の“上から”落ちないように必死なのだ。

 ***

 1月23日放映の“土ワイ”のタイトルは『臨場する女』で、主人公の女性検事を稲森いずみが演じていた。ドラマの冒頭、〈ニューヒロイン登場! 冤罪を叫ぶ放火魔が謎の女に迫る!〉と、わざわざ字幕で煽る辺りは、まさに2時間サスペンスである。

...

記事全文を読む