キヤノン「御手洗冨士夫」が新社長に課する過酷ミッション

企業・業界週刊新潮 2016年2月11日号掲載

 キヤノンの“ドン”御手洗冨士夫・会長兼社長(80)が、ようやく後継者育成に重い腰を上げた。1月27日に眞榮田(まえだ)雅也専務(63)の社長昇格を発表し、事業全般を任せると説明したが、早くも新社長に過酷なミッションを課したのだ。

 1995年の社長就任以降、御手洗氏は2006年に日本経済団体連合会の会長就任で一旦後進に職を譲ったが、その6年後から会長と社長を兼務していた。全国紙の経済部記者は、眞榮田新社長への同情を口にする。

「眞榮田さんが御手洗さんの“経営哲学”を熟知しているとはいえ、目標を達成するのは厳しいでしょう」

...

記事全文を読む