「ASKA」が精神科病院に入院 〈集団盗聴盗撮〉ブログ削除後 “医療保護入院”か?

芸能週刊新潮 2016年2月4日号掲載

 拳を振り上げながらの熱唱で観客を魅了したのが、はるか昔のことのように思える。長年の相棒であるChageよりも、覚醒剤というパートナーを選んだASKA(57)。その代償として過去の栄光も、健全な身体も失い、ついに自由までも奪われたのである。

 ***

 久方ぶりの着信と思って出ると、受話器の向こうはただならぬ気配だったという。

 荒い息遣いで、

「頼む、助けてくれ……。監禁されてるんだ!」

 咄嗟に状況は理解できないが、声の主であるASKAは明らかに切羽詰っている。

...

記事全文を読む