沖縄で独立運動が燃えさかる 日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016(4)

社会週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 2014年9月に行われた、英国領スコットランドの独立を問う住民投票。当事国のイギリス以外でもっともその模様が報じられたのは、おそらく遥か地球を半周した、ここ沖縄だ。

 地元紙「琉球新報」「沖縄タイムス」が連日のようにその模様をレポート。投票日には、

〈重なる沖縄の歴史〉〈主権回復の事例に〉(琉球新報)〈沖縄の模範〉〈沖縄にも確実に影響〉(沖縄タイムス)

 などという見出しで誉めそやしていたのである。

 沖縄県内ではこの2紙のシェアが9割を超える。記事を毎日読まされた県民が、「沖縄も独立できる!」となるのは当然であって、

...

記事全文を読む