スター・ウォーズでいきなり頂点 D・リドリーの「女優事始め」

映画週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 はるかかなたの銀河系でのお話なのに、お祭り騒ぎは続いている。

 10年ぶりとなるシリーズの新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開。

「北米では、初日の興行収入だけで約5700万ドル(約69億1000万円)。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(11年)の約4350万ドルの記録を軽く更新しました」(映画記者)

 さて、本作は新たな3部作の1作目。エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後が舞台だ。シリーズで初めて女性が主人公である。

 オーディションでヒロインの座を勝ち取ったのは、デイジー・リドリー(23)。

...

記事全文を読む