乳房アート「前衛芸術家」が社民党の参院候補でどうなるか

政治週刊新潮 2015年12月24日号掲載

「社会主義は民主主義を必要とする」というのは、旧ソ連の革命家・トロツキーの言葉。ならば日本の社会主義勢力は「おっぱい」を必要としている。12月11日に社民党の東京都連は、来夏の参議院選挙に前衛芸術家の擁立を決めた。母乳で絵を描くアナーキーなアーティストだが、同じ女性の福島瑞穂副党首は、彼女の作品をご存じなのか。

 ***

 前衛芸術といえば、紙幣をオブジェに張り付けて警察にお叱りを受けたり、海に奇怪で巨大なカボチャを浮かべたり。或いは広大な広間の天井から便器が1つぶら下がっていて……。

...

記事全文を読む