有村架純は入れない! ビリギャル先生「東大受験塾」のお値段

企業・業界週刊新潮 2015年12月24日号掲載

 くるくる巻きの茶髪にミニスカート姿の女子高生が、学年ビリから慶應大学に合格するというサクセスストーリーは、累計120万部を超すヒットを飛ばした。

 有村架純主演の映画『ビリギャル』も大当り。余勢を駆って、原作著者・坪田信貴氏が世に問うのは、東大を目指す全寮制の塾である。

「彼の本業は、ビリギャルのモデルになった女性も通った名古屋にある学習塾の運営。ビリギャル本を出版したカドカワが、ネット授業が中心の通信制『N高等学校』を来年春に開校するにあたり、付属塾『N塾』の運営を依頼したのです」(経済部記者)

...

記事全文を読む