美少女「橋本環奈」が持て余す「機関銃」掃射

芸能週刊新潮 2015年12月17日号掲載

“カイ…カン!”

 といえば、角川映画の金字塔『セーラー服と機関銃』(1981年)で、薬師丸ひろ子がクライマックスに機関銃をぶっ放して呟くキメ台詞だ。来年、40周年を迎える角川映画が、記念作品として、映画初主演の“天使すぎるアイドル”橋本環奈(16)を起用し、同作の続編を製作。無事、クランクアップしたものの、このキメのシーンに頭を抱えているという。

「社会現象にまでなった『セーラー服……』といえば、何をおいても、あのシーンと台詞。あれで薬師丸の人気は決定づけられた。

...

記事全文を読む