宗教に近いような……著書『断薬セラピー』の真贋判定

食・暮らし週刊新潮 2015年12月3日号掲載

 世にあふれる“健康本”の中には、“アレを飲みなさいコレをしなさい”の類が多くある。しかし今回紹介する、健康を保つためには高額な費用はおろか、薬さえ必要ないと言い切る“断薬健康法”なるものもある。

『断薬セラピー』を出版したのは、国際感食協会代表理事で、薬剤師の宇多川久美子氏だ。

 ***

〈この本は、「薬は必要のないものである」「薬があなたの健康を害している」という事実をお伝えすることで、皆さんが「断薬」を実行する際のサポートとなるように執筆しました〉

...

記事全文を読む