「JX」「東燃」統合でいよいよ拡がる「GS」空白域

企業・業界週刊新潮 2015年12月3日号掲載

 わが国でも、難民問題が深刻化している。ただし、難民は難民でもこちらはガソリンスタンド(GS)難民。石油元売り企業の統合で、さらなる増加が危惧されているという。

 11月12日、出光興産と昭和シェル石油との対等合併が発表された。その4日後、今度は業界最大手のJXホールディングスと東燃ゼネラル石油との経営統合が明らかになったのである。この統合が実現すれば、売上高が約14兆3000億円となり、市場シェア約50%の巨大石油元売り企業が誕生する。経済誌記者の解説では、

...

記事全文を読む