国会図書館をカモにできると思いついた「26歳社長」のご口上

社会週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世間知らずな相手に二束三文の商材を売りつけるチンケな詐欺とは訳が違う。コチラの青年社長がカモに選んだのは、あろうことか国会図書館。しかも、金を引っ張るネタはシリーズ百数十巻に及ぶ“大著”というから手が込んでいる。さで、渦中の社長に物語を醸した“ビジネス” について尋ねてみると――。

 ***

 ページを埋め尽くすギリシア文字やローマ字の羅列は、翻訳家にも解読不能だった。それもそのはず、

「あの本の内容に意味なんてありませんよ。パソコンのキーボードを即興で叩いただけですから」

 悪びれずに語るのは「りすの書房」の社長(26)だ。

 この無名の出版社が、『亞書』なる単行本の販売をスタートさせたのは今年2月。まもなく、国会図書館の蔵書リストにこれと同じタイトルがズラッと並んだことで、ネットは炎上騒ぎとなった。というのも、

「“代償金”詐欺の疑いが濃厚だからです」

 そう言って眉を顰めるのは社会部記者である。

 実は、出版社は法律によって、刊行物を国会図書館に納本することを義務づけられている。その際、納めた本の定価の半額と送料を、代償金として受け取るのだ。

「ただ、問題の『亞書』は内容が意味不明な上、定価も税込みで1冊6万4800円と極めて高額です。しかも、国会図書館には同様のシリーズ本が78冊も納められていた。代償金は136万円を超え、それ以外の書籍を合わせると、国会図書館はこの出版社に600万円以上を支払ったことになる。代償金目的で刊行したとしか思えません」(同)

 疑惑は深まるばかりだが、一方で、どんな内容であろうと表現の自由を蔑(ないがし)ろにしてはなるまい。そこで、“著者”である社長に執筆の意図を尋ねると、

「『亞書』の構想は18歳の頃から温めてきました。中学までは本もロクに読まない不良少年でしたが、高校時代の友人から借りたゲーテの『ファウスト』に衝撃を受けたんです。それからは、読書にハマって海外文学や芸術関連の書物を読み漁った。当時、興味を持った作品が『亞書』のヒントになりました」

■800万円の人件費

 曰く、意味をなさない文章を並べる手法はダダイズムから、文字の配列による造形表現はロシア構成主義から着想を得たのだとか。

「『亞書』は書物自体が芸術作品なんです。確かに1冊も売れていませんが、“代償金目当て”というのは見当外れの中傷に過ぎない。納本制度について知ったのも、約2年半前に出版社を立ち上げてからです。10万円の楽譜を販売したところ、“高くて買えないので国会図書館に納本してほしい”と依頼されまして」(同)

 彼がそこで“カモ”の存在に気付いたことは想像に難くない。以降、高額な『亞書』シリーズが乱発されるに至る。とはいえ、社長本人はボロ儲けを否定。

「『亞書』は自分で製本するので1冊作るのに3万円掛かる。これまで刊行した112巻分のコストは1500万円に上ります。完全に赤字ですよ。内訳は紙やハードカバーの資材に200万円、レーザープリンタ2台の購入費に100万円など。その他の経費を差し引いて、残った800万円が僕の人件費です」(同)

 これには板倉宏日大名誉教授(刑法)も呆れ顔だ。

「本の内容を考えても800万円の人件費が正当な対価とは到底、認められません。不当に価格を吊り上げ、高額な代償金を得ようとしたとしか思えない」

 画期的だったのは作品ではなく、国会図書館を手玉に取った手口だけなのだ。

「ワイド特集 ふとどき者ほどよく眠る」より