テロリストの生け捕りは考慮しない軍装備の「特殊警察」

国際週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 テロリストたちが立てこもったコンサート会場に突入したのは、フランス国家警察に所属する「BRI(探索出動班)」と、その指揮下にあった「RAID(特別介入部隊)」という2つの特殊部隊からなる80人の混成チームだった。軍隊並みの装備を誇る彼らの使命はあくまで敵の制圧で、生け捕りなどは考慮に入れない特殊な警察組織である。

 ***

 テロリストたちは、フランスのシリア爆撃の即刻中止を求めたとされる。RAID所属の交渉人は人質の解放を要求したが、両者の話し合いがまとまるはずはなかった。

...

記事全文を読む