客が人質に取られたコンサートホールの2時間

国際週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 最初の自爆テロが起きた5分後、パリ中心部のカンボジア料理店『プチ・カンボージュ』では第二の悲劇が始まっていた。店の前に乗り付けた黒のスペイン車「セアト」からぬっと出されたカラシニコフ銃が店めがけて火を噴く。硝煙と血糊にまみれた店をあとに車はカフェやレストランを次々に襲撃、20名を殺害する(最後の店では自爆)。一方、同じく中心部のバタクラン劇場そばには別の車が停まっていた。今回の事件で最大の犠牲者89名を出した現場である。以下はその、実況中継。

 ***

...

記事全文を読む