褒章から7年「青木功プロ」旭日小綬章のワケ

スポーツ週刊新潮 2015年11月12日号掲載

 秋の叙勲が発表となり、今年8月まで、12年にわたって本誌(「週刊新潮」)でコラム『おれのゴルフ』を連載して好評を博した、プロゴルファーの青木功さん(73)に「旭日小綬章」が授与されることになった。

 青木プロが叙勲の栄誉に浴するのは、2008年の「紫綬褒章」に続いて2度目。政治部記者が解説する。

「旭日小綬章は、国や社会に対する功労や顕著な功績を挙げた人に贈られます。具体的には政治や経済、芸術や文化、スポーツなどの各界で生涯にわたり大きな功績があったと認められた場合で、対象は原則70歳以上とされています」

...

記事全文を読む