中国「一人っ子政策」廃止でも重たすぎるツケ

中国週刊新潮 2015年11月12日号掲載

 世界人口は約72億人、そのうち中国には約13億人が住む。1979年に始まった一人っ子政策で4億人を抑制できたとされている。

 10月29日に閉幕した中国共産党の重要会議「5中全会」は、その一人っ子政策を廃止し、全ての夫婦に2人の子供を持つことを認めた。

「このタイミングでの廃止は、実は景気対策なのです。経済の失速が明白になった今も即効性のある手がない。中国は子供にお金を惜しまない風潮があり、出産育児に関係する内需拡大を期待しているのです」(中国出身の評論家、石平氏)

...

記事全文を読む