「ペルー人通り魔」に妻と娘2人を奪われた「悪夢の夕べ」

国内 社会

  • ブックマーク

熊谷6人殺害事件・ペルー人に殺害された加藤美和子さん親子

「もう一度だけ妻と話がしたい。そして、娘たちと遊びたい。それ以外に望むことは何もありません……」愛妻と愛娘2人を喪った遺族の男性(42)は、重い口を開くと、そう切り出した。彼を絶望の淵へと追いやったのは、わずか3日間で立て続けに6人が犠牲となった未曾有の惨劇。残された者が語る、無念と怒り、家族への思いとは――。

 ***

 事件が起きてからの1週間は、ほとんど眠ることもできませんでした。それまでは毎晩、妻子と同じベッドで寝ていましたからね。1時間ほど仮眠を取っても、目を覚ます度に「あぁ、本当に1人きりになってしまったんだな」と思い知らされる。胸が締め付けられて涙が止まらなかった。

 ***

 取材に応じた彼の視線の先には、急ごしらえの祭壇がある。そこに並んだ遺影の中では、妻の加藤美和子さん(41)と、娘の美咲さん(10)、春花さん(7)の3人が笑顔をのぞかせていた。

 ご承知の通り、埼玉県熊谷市内の長閑(のどか)な住宅街は9月、ペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)によって恐怖の底へ突き落とされた。14日に田崎稔さん(55)・美佐枝さん(53)夫妻の刺殺体が見つかり、16日には白石和代さん(84)、さらに加藤さんの妻子が、変わり果てた姿で発見されたのである。

 ***

 田崎さんご夫妻の遺体が見つかったことをニュースで知った時は、妻と2人で「資産家のようだから、金銭目的の犯行かな」と話していました。もちろん、我が家はお金持ちではありませんし、その時点では家族が事件に巻き込まれることも、犯人が近所に潜伏していることも、想像すらしなかった。

■「ご家族は無事です」

 ***

 しかし、それから2日後の16日、無情にも加藤さん一家に災厄が降りかかる。

 ***

 私が仕事を終えて、車で自宅近くに帰り着いたのは午後6時半頃。すでに、我が家のある一角を取り囲むように規制線が張り巡らされていました。不安に感じて妻の携帯電話に掛けても一向に繋がらない。自宅の電話も不通でした。警備に当たっていた警察官を説得して、遠目に自宅が見える場所まで進んだのですが、そこでしばらく待つよう指示されました。

 それから20~30分が経ったでしょうか。別の警察官が私に「身分証を確認させてください」と声を掛けてきました。私が妻子の安否について尋ねたら、「ご家族は無事です。お話があるので署まで向かってください」。その言葉を聞いて、ひとまず安堵しました。近所で事件が起きたので、まだ幼い美咲と春花を警察が保護してくれたのだ、と。

 ただ、言われるがまま、自分で車を運転して熊谷署に着くと、なぜか狭い取調室に通されたんです。胸騒ぎを抑えられずにいると、私服の刑事が入って来ました。そして、いきなり「大変残念ですが、ご家族は3人とも亡くなりました」と告げられたのです。

 もう、呆然として言葉も出なかった。絞り出すような声で「どういうことですか、さっきは無事だって……」と詰め寄っても相手は無言のまま。そのまま数分が過ぎ、ハッと我に返りました。こんな状況で警察が冗談を言う訳がない。次の瞬間、私は取調室の机に突っ伏して、声を上げて泣き崩れてしまった。

 ***

 彼が熊谷署を出たのは、明け方の3時過ぎ。その直前に、警察官から「確認のために目を通してほしい」と3枚の写真を手渡されたという。

 ***

 青白い顔をして、目を瞑っている妻子の顔写真でした。子供たちの唇は紫に変色し、妻の顎に切り傷があったことを覚えています。この時が一番堪(こた)えましたが、正直なところ、それ以降はほとんど記憶がないんです。

■『星に願いを』

 ***

 ナカダ・ルデナ容疑者は、加藤さん宅の2階から飛び降りた際に頭蓋骨を骨折する重傷を負って緊急搬送される。退院後に田崎さん夫妻を殺害した容疑で逮捕されたが、髄膜炎の恐れが生じて再入院し、10月22日に手術を受けている。取り調べ再開の目処は立たず、加藤さんの妻子殺害に関しては逮捕にすら至っていない。そんな“犯人”に対して、彼はいま、何を思うのか。

 ***

 もちろん、この手でぶん殴ってやりたいですよ。でも、それよりも先に真実をありのまま話してほしい。以前、事情を聴きに来た警察官に「犯人に会わせてください」と頼んだことがあります。もし会えるなら、一刻も早く全てを自供するよう説得したい。犯人の兄も連続殺人鬼だったとか、本人に精神疾患の兆候があるとか、そんなことは遺族にとってどうでもいいことです。私の家族の身に何が起きたのか。それを明らかにしてほしい。その上で極刑を望むだけです。逮捕もされず、真実が分からないままでは、亡くなった妻子が浮かばれません。

 ***

 同時に、彼が悔やむのは家族が事件に巻き込まれるまでの“不運”と“失態”の連鎖である。

 ***

 現場となった自宅は2年前に新築しました。この辺りはご近所も気心の知れた住民ばかり。日中は鍵を掛けないお宅も多いのですが、我が家は娘たちが幼いこともあって、戸締りには神経質でした。ただ、犯人に襲われた夕方は、妻が庭の花壇に水をやりながら、娘たちの帰りを待っている時間帯なんです。そのわずかな隙を狙われてしまった。

 また、私は地元の工場に勤務していますが、8月は昼夜2交代制で夜勤を担当していました。もし半月早く事件が起きていれば、私が自宅にいて家族を守れたかもしれない。時は戻らないと知りながら、そのことがずっと頭から離れません。

 警察の対応にも疑問が残ります。犯人が警察署から逃亡した時、なぜ周辺住民に知らせなかったのか。“不審な外国人”の情報が流れれば、妻は間違いなく学校まで娘を迎えに行ったし、鍵を閉めて外にも出なかったはず。そもそも、この地域は外国人が少ないので、県警が周知していれば、間違いなく沢山の情報が寄せられたと思います。

 しかも、県警は田崎さんの事件が起きる前日、熊谷署で事情を聴かれていた犯人が逃亡した際に、警察犬を使って足取りを追っている。警察犬は我が家の数軒隣まで辿り着いていました。日本語の不自由な犯人が、財布やパスポートを置き去りにして逃げたわけで、追い詰められていたのは明らかです。やはり対応に不備があったとしか思えません。

 ***

 これまで県警から加藤さんの遺族に対する正式な謝罪はない。唯一、10月18日に証拠品の返却という名目で訪れた熊谷署の捜査員が、霊前に線香をあげていったという。

 ***

 返却されたのは、下の娘が小学校に入学した頃に、妻が綴った“エンディングノート”でした。まさか、こんな状況で私が目にするとは思わなかったでしょうね。ノートには家族への言葉と共に、自分の葬儀ではピノキオの主題歌『星に願いを』を流してほしいと書いてありました。ディズニー好きだった妻らしいリクエストですが、彼女の最期の願いを叶えることもできなかった。

 ***

 ノートには美和子さんがつけた、美咲ちゃんと春花ちゃんの名前の由来についても記されていた。姉妹の名前を合わせて“美しく咲く春の花”のように育ってほしい、と。蕾のままで亡くなった娘の無念を晴らすためにも、父親は真相の解明を求め続ける。

「ワイド特集 わが逢魔が時」より

週刊新潮 2015年11月5日号掲載