夫がクリーニング屋でバイトを愚痴って「真木よう子」の最終決断

芸能週刊新潮 2015年10月8日号掲載

 よく「髪結いの亭主」というけれど、それを許しておくほど真木よう子(32)は甘くなかった。6年10カ月に及ぶ元俳優の片山怜雄(れお)(33)との結婚生活を支え続けた彼女だが、実のところ、とっくの昔に愛想を尽かしていたのだ。

 ***

 真木が離婚届を提出したのは9月中旬のこと。以前から夫とのすれ違い生活が囁かれてきた彼女だけに、芸能関係者から“やっぱり”の声があがったのも事実だ。

 振り返れば、彼女が“できちゃった結婚”をしたのは2008年。当時、彼女は映画『ベロニカは死ぬことにした』などで人気沸騰中の女優。

...

記事全文を読む