英留学から帰る「眞子さま」のキラリと輝く研究対象

社会週刊新潮 2015年10月1日号掲載

 何かと佳子さまに注目が集まる秋篠宮家だが、久々に長女・眞子さまのご動静が聞こえてきた。

 1年間の英国留学を終え、9月29日に帰国されることが発表されたのである。

「イギリス中部のレスター大学大学院で博物館学を専攻された眞子さまは、コベントリーの博物館で研修生として展示品の調査も行いました。7月には修士論文を提出し、結果は年内に発表されます」(皇室担当記者)

 論文のタイトルは、「博物館におけるオブジェクトの解釈の可能性」。19世紀のチェコのガラス工芸家・ブラシュカ父子が作った海洋生物の模型「ブラシュカグラス」を題材に、博物館における展示方法について執筆されたという。

...

記事全文を読む