28歳。恋をして、実家を出た。でも、母の“ちゃんとしなさい”からは出られない。/『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬まる

文芸・マンガ

「言葉」を越えた「感情」物語!/藤田香織

「青臭いことを」と笑われるかもしれないが、四十代も半ばになった今尚、私は「言葉って難しい」と凹んでしまうことがよくある。仕事や物事の状況説明ならば、加齢と共にそれなりに伝える技術は身に付いた(と思う)。でも、「感情」を伝えるコツは全く会得できない。嬉しい、悲しい、悔しい、ムカつく。寂しい、怖い、好き、嫌い。曖昧な言い逃れはできないと感じた場面で、そうした言葉を口に出した途端、その何十倍もの「気持ち」が胸の中で膨れ上がる。

...

記事全文を読む