【詐欺師の素顔】騙しの舞台装置は芸能人パーティーだった詐欺師のブラックホール「豊田商事」

国内 社会 週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

  • ブックマーク

 扇動するばかりで薄情な詐欺師集団が、欲望に襟首を掴まれた顧客を飲みこんでいく。あたかもブラックホールのように――。1985年6月18日、永野一男会長(32)=当時=が白昼の凶刃に斃(たお)れるまで、豊田商事は金のペーパー商法で、3万人から2000億円をかき集めた。その騙しの舞台装置として、芸能人が登場するパーティーなどが絶大な効力を発揮していたのだ。

 ***

 刺殺事件から2年前の2月のことである。豊田商事がチャーターした1万トンの豪華客船が、名古屋港を静かに離れた。

「東海3県から700人を集め、“特別価格で金を”と持ちかけていたんです」

 と言うのは、当時を知るジャーナリスト。契約したところで金の売買などは行なわれないのだが、ひとまずそれは措くとしよう。

「言うたら、船の上でやる“金の即売会”みたいなもんですが、そのハイライトが、千昌夫のディナーショーだったんですよ」(同)

 また、事件発生の1カ月ほど前のこと。豊田商事が冠スポンサーを務めるイベントに横山やすしやラッツ&スターが呼ばれ、客寄せパンダを演じている。

「なぜ」

 と、破産管財人のひとりの児玉憲夫弁護士が話す。

「これほど多くの人が騙されてしまったのか。そこには、豊田商事の巧みな戦略があったんです。その一が『豊田』という名前。日本人なら誰しもトヨタ自動車を思い浮かべ、潜在的に安心感が生まれる。その二が磨きのかかったセールス・トークと役割分担。テレホン・アポインターが電話で感触を探り、それが良ければ営業専門の社員が訪問する。最後は本社や支店に呼んで、また別の社員が応対・契約する。被害者の多くが高齢者だったなか、組織的な詐欺だと見抜くのは難しかったことでしょう」

 幹部から「絶対に契約を取る方法がある。それは契約するまで家を出んことや」とたきつけられたセールスマンは、ピーク時で3000人。“ピラニア軍団”、“神風部隊”と自称した彼らに永野は、「固定給+最高30%の歩合給」という超厚遇で応えた。結果、20代の1億円プレーヤーもちらほら生まれている。

■『銀河鉄道999』

 児玉弁護士が話を継ぐ。

「本社などの所在地は一等地にあって、これ見よがしに金の延べ棒が置いてある。もっともこれはニセモノだったのですが。社員のスーツ姿を見て、“ちゃんとした会社なんだな”と思ってしまう。そして、特筆すべきはグループ会社や関連会社の多さで、事実、120近くもありました。ほとんどがペーパーカンパニーだったとはいえ、組織表を見せられたら、“こりゃー大商社や”と勘違いしてしまうこともあったのではないか」

 では、濡れ手で粟のぺーパー商法にも触れておこう。

 ありもしない金地金を顧客に買わせたことにして、「現物は会社で保管・運用」し、1年または5年後にこれを返還すると伝える。そのうえで、この間の配当金として、購入額の10%(1年契約)から15%(5年契約)相当を支払うという条件で、「純金ファミリー契約」に加入させるのだ。さらに、1度目の配当金は契約締結時に支払うことになっている。すなわち、金地金を時価の1割から1割5分引きで購入でき、その後も金の値上がり益と配当金を狙えるという話なのだ。

 顧客のもとに残された証書にはむろん、何の裏付けもない。しかし、これが客には単なる紙切れに見えなかったのは、先述したとおり、豊田商事の化けの皮の分厚さ故に他ならないのだ。

――ところで、永野刺殺事件の実行犯はどうしているのか。

 主犯として懲役10年の判決を受けた鉄工所元経営者(86)は、近畿地方のある都市で、3DK約7万円のアパートに暮らす。

「70代の奥さんと一緒です。入院していたこともありますが、今は元気ですよ」(近隣住民)

 その一方で、共犯として懲役8年の判決が下った元従業員(60)。服役中に同房だった男の証言によると、

「毎月、母親が1万円ほど送ってきてた。“俺は刺してへん”が口癖やったな」

 出所後は大阪市内で生活していたが、5年ほど前に中国地方へ引っ越したという。

「事件を起こしたのは皆知ってました。20ほど年の離れたえらい別嬪さんと結婚して子供が5人おったわ。ここでは麻雀店を切り盛りしとった」(大阪時代の知人)

 最後に、先の児玉弁護士がこんなことを打ち明ける。

「永野のデスクの抽斗(ひきだし)には、『銀河鉄道999』の漫画が、20冊ほどズラッと並んでいました」

 アニメ版『999』の主題歌の一節にはこうある。

 ひとは誰でもしあわせさがす旅人のようなもの――。醜い策謀を弄したばかりに、不幸まで背負いこんだ永野の人生を知る者として、これほど皮肉な“遺品”もあるまい。

「ワイド特集 週刊新潮3000号を彩った華麗で卑怯な詐欺師たちの顔」より