黒柳徹子『徹子の部屋』の最終回ゲストは「あの人」に決まっている

芸能週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 番組開始以来40年を超え、同一司会者による番組の世界最多放送回数記録でギネス認定されている、比類なき長寿番組の『徹子の部屋』。司会の黒柳徹子(81)さんが『徹子の部屋』の終わりを語る。

 ***

 健康そのものの黒柳さんとはいえ、『徹子の部屋』にもいつか幕が下ろされる日は訪れる。その来たるべき「Xデー」に備えて、幾つかの「約束事」があるという。

 引退するにあたっては決めていることがあります。それは、私の首に鈴を付ける役を、1万回の時にも出演してくれたマッチ(近藤真彦)がやるということです。彼が言うには、私くらいの年齢になると周りは気を遣って「引退勧告」できないだろうと。だから、私が番組で同じ質問を繰り返していたり、お芝居でセリフに詰まったりしているのに気が付いたら、マッチが「そろそろ引退したほうがいい」と言ってくれることになっているんです。マッチに「黒柳さん」って声を掛けられて、「えーっ、もう?」なんてこともありますけどね。

 それと、『徹子の部屋』の最終回には、ユーミンさん(松任谷由実)がゲスト出演してくださることになっています。彼女とは20年来の付き合いで、一緒にお散歩したりする関係なんです。でも意外なことに、ユーミンさんは『徹子の部屋』に出演されたことがなくて、「出てくださらないの?」とお訊きしたら、「最後の日に出演します」と。だから、「最後はユーミンさん」と決まっているんです。

「特別読物 『黒柳徹子』が振り返った『徹子の部屋』1万回の余話」より