大絶景に挑んだNHK「ドローン」遭難の顛末

IT・科学週刊新潮 2015年7月16日号 掲載

 東京から南へ約1000キロ離れた西之島。一昨年11月、突如として大量のマグマが噴き出して以降、今なお成長を続けている。

 その姿を、空から海から捉えようと挑むのが、皆様のNHKだ。海上保安庁が7月7日まで行った調査に同行し、測量船から噴煙の様子を撮影してニュース番組で報じたのである。

 だが、一方の空では人知れずトラブルが発生していた。

「特別番組のクルーが飛ばしたドローンが撮影中に墜落してしまったのです。現在、島の中心から半径4キロは立ち入り禁止で、海保の航空機も安全な高度からの撮影を余儀なくされていた。

...

記事全文を読む