【元少年A『絶歌』】遺族の回収要求に5万部増刷で応えた「太田出版社長」かく語りき

社会週刊新潮 2015年7月2日号 掲載

 乾きかけていた瘡蓋(かさぶた)をむしり取るだけでなく、傷口に塩をすり込み、被害者遺族をさらに非道にいたぶる。一方、自身は「匿名の外套(がいとう)」を身に纏(まと)い、多額の印税を懐に入れた少年A、またの名を酒鬼薔薇聖斗。これはもはや、彼の手による、何の罪もない遺族への私刑の行使であり、社会への挑戦だと見る人がいる。『絶歌』の増刷が決まった……。

 ***

「淳は今回の出版によって加害男性に二度殺された、私はそう思っています」

 本誌(「週刊新潮」)は前号で、少年Aに殺害された土師(はせ)淳くん(享年11)の父親である守さんの無念の声をこう伝えた。

...

記事全文を読む