海外に研究し尽くされた「なでしこジャパン」の絶体絶命

スポーツ週刊新潮 2015年6月18日号掲載

 いよいよ、サッカー女子ワールドカップが開幕。連覇のかかる「なでしこジャパン」は、初戦のスイス戦を辛くも勝つことができたものの、今後も苦戦が続くのは間違いない。世代交代に失敗し、4年前と相も変らぬチームは、海外に研究し尽くされているからだ。

 ***

 再び頂点を極めるのは容易(たやす)くはないことを、あらためて思い知らされる試合内容だった。

 6月8日(日本時間9日)、ワールドカップのカナダ大会で、なでしこジャパンは、スイスとの初戦に臨んだ。

「キャプテンの宮間あやがPKを決め、どうにか1対0で逃げ切りましたが、試合を優勢に運んだのは明らかにスイスでした。

...

記事全文を読む