「アパ・マン経営」は儲からない投資になったのか

企業・業界週刊新潮 2015年6月18日号掲載

 6月5日の日本経済新聞に、〈2棟で100億円。〉と大書された全面広告が掲載された。広告主は、投資用マンションを扱う第一リアルター。〈東京最都心・駅近に一棟マンションを求めている方に、新築をご提供いたします〉とする。件の2棟は渋谷神泉と、白金台の物件。他にも11億円強から20億円弱のマンションが7件掲載されている。

「2棟で100億円の物件も含め、すでに数十件のお問い合わせをいただいています。お客様の多くが、相続税対策としてのマンション経営に興味を持たれています」(第一リアルター)

...

記事全文を読む