【実母が告白】表舞台から姿を消した女子プロレス「顔面崩壊」加害レスラー謹慎の日常

スポーツ週刊新潮 2015年6月4日号掲載

 陰惨を極めた喧嘩マッチから3カ月。女子プロレス「スターダム」の試合で安川惡斗(あくと)(28)に重傷を負わせた世IV虎(よしこ)(21)は、無期限出場停止処分を受けて以降、公の場に姿を見せていない。近況をめぐり憶測も飛び交う中、実母が「謹慎生活」を語ってくれた。

 ***

 タイトル戦が“私闘”と化したのは2月22日。その3日後、スターダムは会見を開き、世IV虎は茫然自失の態で謝罪した。感情のまま相手の顔面を執拗に殴打したことから、

「社内では『カウンセリングを受けさせよう』という話も出ましたが、結局本人と連絡が取れずじまいでした」

...

記事全文を読む