2度目は豪華な「中村獅童」披露宴

芸能 週刊新潮 2015年5月28日号掲載

  • ブックマーク

 5月28日、ホテルオークラ東京で盛大な披露宴が催される。新郎は歌舞伎俳優の中村獅童(42)、新婦は元会社員の沙織さん(31)。彼女は早稲田大学在学中にモデルでもあった美女。5年の交際を経て入籍したのが今年1月31日。3月には東京赤坂の日枝神社で親族だけの挙式をすませている。

 獅童は再婚。前妻の女優、竹内結子とはできちゃった結婚で、挙式、披露宴を行っておらず、初の体験だ。

「約700人が参列する披露宴です。お客さまの席順を決めたりバタバタしていて妻とケンカになったと獅童は苦笑していましたから、人任せにしていない。梨園御用達のホテルオークラ東京を会場にして伝統も尊重しています」(演劇担当記者)

 ちなみに、2010年の、市川海老蔵と小林麻央の披露宴は、約1000人が出席。料理は10万円、引き出物は5万円と推定され、総費用は5億円と囁かれた。

「御祝儀は最低でも10万円、贔屓筋だと100万円は包まないと恥ずかしいとの思いがある。獅童夫妻の門出を祝って合計1億円は寄せられるでしょう」(同)

 宮藤官九郎の脚本による新作歌舞伎で海老蔵と共演したり、NHKの子供向け番組で歴史上の人物に扮して踊ったりと意欲的だ。

 ちょっと早めの祝辞のようだが、演劇評論家の上村以和於(いわお)さんは言う。

「獅童は相変わらず元気で良いのです。新しい試みや、俳優の中で演じると歌舞伎ならではの味を鮮やかに発揮してくれる。一方、古典を演じると基礎の部分が気になる時があります。何かが決定的に悪いわけではないので、普段、少し意識にとどめながら、成果を着々と築き上げていけば、この先、自然と年齢にも応じた姿になります。素直な人ですから楽しみですよ」

 いよっ、萬屋!