獄中からメディアに抗議! 「私の人権」を主張するオウム「菊地直子」

社会週刊新潮 2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号掲載

 死者13名、負傷者約6300名。世界史上に残る未曾有のテロ、地下鉄サリン事件では、今なお重篤な後遺症に苦しむ被害者が多い。その現実を直視せず、未だ反省の境地に達していないオウム関係者は少なくない。“走る爆弾娘”との異名を取り、17年に及ぶ逃亡生活で世間を震憾させた、菊地直子(43)もその一人だ。

 ***

〈虚偽の事があたかも事実であるかのように報道されている〉〈甚だしく私の人権を侵害するもの(中略)。特に私はサリンの製造には関与しておらず起訴もされていない時点でこのような犯人の扱いを受ける事はもっての他〉〈無罪の推定を享受する地位にある私の人権は著しく不当に侵害されたことは言うまでもなく明らかで、その不利益は量り知れないものがあります〉

...

記事全文を読む