2015年本屋大賞は上橋菜穂子さん『鹿の王』に決定! 来春には綾瀬はるか主演で『精霊の守り人』がドラマ化

文芸・マンガ

 全国の書店員が「いちばん売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞」が本日発表となった。栄えある2015年本屋大賞の第1位(大賞受賞作)は、『鹿の王』(上橋菜穂子・著 KADOKAWA/角川書店刊)に決定した。
「本屋大賞」は、書店員が自分で読み「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票する。対象作品は、2013年12月1日から2014年11月30日の間に刊行された日本のオリジナル小説。大賞作は毎年、読者の高い関心を集めており一昨年度大賞の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹・著)、昨年度大賞の『村上海賊の娘』(和田竜・著)は共に100万部を突破している。

...

記事全文を読む