「私はストーカー気質なの」と漏らした離婚「スザンヌ」裏語録

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 タレントのスザンヌ(28)が、元ソフトバンクホークス投手の斉藤和巳(37)と離婚した。2011年12月に結婚、昨年1月に長男が誕生した矢先のことだった。

 ***

「会見場は“スザンヌ頑張れ”という雰囲気に包まれていました」

 と語るのは、3月18日の離婚会見でスザンヌにインタビューした芸能リポーターの川内天子氏。

「最近の芸能人の結婚・離婚はファックス1枚、ブログ1回で済ますことが多いんです。それが彼女は離婚にもかかわらず会見を開いた。事前のNG質問などの要望もなく、スムーズに取材できましたし、一切斉藤さんを批判することなく、気丈に振る舞っていました」

 ただ、それゆえに離婚原因については、今ひとつ腑に落ちないところがある。

 斉藤はこれでバツ2で、前回の離婚ではDVが原因の一つとして取り沙汰されていた。しかし、スザンヌは斉藤のDVを否定した。

 斉藤が育児に協力的でなかったのが原因との見方もあったが、こちらも否定。

 となると、残るは“女”しかない。斉藤は昨年12月、プロゴルファー・上田桃子(28)との親密交際を報じられている。ところが、これについてもスザンヌは、

「私にはわからない。聞くこともしてないし、彼も弁解していない。そういうことはなかったと信じたい」

 少なくとも離婚理由ではないというのだ。

 痺れを切らした記者から、“もしかしたら本当の離婚理由はわからないのでは”と問われると、

「本当の理由は難しい。わからない部分はあります。彼のことを嫌いになったわけでもない」

 と言う始末。

 だが、ヒントは彼女の“裏語録”にあった。

■面会権も主張せず

 ときは11年2月、ところは東京・目黒の住宅街にあるイタリアンである。

 当時斉藤と交際中だったスザンヌは、白ワインを飲みながら、親しい友人の男女2人と恋愛談義に花を咲かせていた。

友人:「さえちゃん(スザンヌの本名)はどうなの?」

スザンヌ:「別れたり付き合ったり、遠距離は大変なんだよ」

:「さえは、近くにいたら気になってしょうがないから、逆にそれくらいの距離がいいんだよ」

:「そうなの、中学校からすごいヤキモチ焼きなの。もうストーカー気質!」

 なお、会見の翌日に放送された日本テレビ系「ミヤネ屋」で、芸能リポーター・井上公造氏のインタビューを受けたスザンヌは、

「遠距離恋愛が長く続いて、結婚してからも離れて生活していて、子供が出来てから一緒に住みだした」

 と説明している。

 つまり、結婚から離婚までの3年3カ月のうち、出産までの2年2カ月は、かの友人が図らずも“それくらいの距離がいい”と言っていた関係だったのである。

 それが、出産後に同居を始め、半年後、彼女曰く「忘れちゃうくらい普通の夫婦喧嘩」で斉藤が家出。その2、3カ月後、斉藤から離婚を切り出した。2人が会ったのはこれが最後で、以降直接の話し合いはなく、3月16日に離婚届にサイン、という流れになる。

「2人がおかしくなったのは子供が出来てからです」

 と井上氏が指摘する。

「斉藤さんは子供が欲しくなかったとしか思えない。というか、元来、子供が好きではなかったのでは。彼は、親権はおろか面会権も主張しなかったんですから」

 一般に“子は鎹(かすがい)”だが、2人には“縁の切れ目”だったということか。

「ワイド特集 『桜前線』異状あり」より

週刊新潮 2015年4月2日号掲載