不倫キス騒動の“ゆうこりん”(中川郁子)、“ヒロちゃん”(門博文)とはFacebookで交流も

国内 政治

  • ブックマーク

 週刊新潮3月12日号にて、先月23日の門(かど)博文代議士(49)との不倫デートからの路上キスが報じられた中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)。たがいの選挙区を“公務”をダシに頻繁に行き来していたことが確認されている。政務官は公費で、門議員は党のお金で密会を重ねていたとすれば大問題だ。

 また、さる民主党関係者は、農水省関係者から聞いたというこんな話を囁く。

「門議員が農水政務官室を訪ね、しばらく出てこないことが頻繁にあったというのです」

 2人が“ヒロちゃん”“ゆうこりん”などと呼び合っていた、との証言もある。

[写真]カフェでの2人。ソファに座って体を寄せ合う。

 ちなみに、「週刊新潮」3月12日号の取材で郁子政務官は、門議員に妻がいるかどうかも、その家族構成も、正確には知らない旨を答えていたが、13年9月14日、長女が20歳を迎えたと報告した門議員のFacebookに、

〈おめでとうございます。本当に素敵なお嬢様です〉

 云々とコメントしている。さすがはキスがお得意なだけあって、舌が2枚も3枚もあるようなのだ。

「特集 安倍総理が『おぞましい』 谷垣幹事長は『言語道断』 後援会は『怒髪天を衝く』 未亡人『中川郁子』不実なくちづけの代償」より

週刊新潮 2015年3月19日号掲載