民主主義という悪/『なぜ世界は不幸になったのか』

社会

 本書には、ニーチェ、ショウペンハウエル、キルケゴールといった哲学者や、ヴェーバー、トクヴィル、バークなどの思想家たちに加え、ゲーテ、三島由紀夫といった作家など内外二十九人の「近代の悪に抵抗してきた先人」たちが登場する。構成は、まず各人の略歴を紹介し、著作からいくつかの文章を引用し、コメントを加えながら、思想のエッセンスを取り出すというシンプルなスタイルが取られている。日本からは、三島の他、新渡戸稲造、岡潔、福田恆存、小林秀雄、西田幾多郎、福澤諭吉、山本七平、開高健の九名が選ばれている。

...

記事全文を読む