イスラム国首都「ラッカ」の地下抵抗組織の証言「静かに虐殺されるラッカ」

国際週刊新潮 2015年2月5日号掲載

 後藤健二さんが目指したシリア北部の街ラッカ。現在、イスラム国の首都であるこの街には、命を賭して彼らの専横に抗う地下組織が存在する。その名も『静かに虐殺されるラッカ』――。

 ***

 彼が現れると、モスク内は異様な興奮に包まれた。

「ムスリムのカリフ(預言者ムハンマドの代理人)に!」(兵士)

「ムスリムのカリフに!」(群衆)

「アブー・バクル・バグダディ!」(兵士)

「アブー・バクル・バグダディ!」(群衆)

「神よ!」(兵士)

「全知全能の神よ!」(群衆)

...

記事全文を読む