トルコで事故死したコーディネーター高谷さんが綴った「トルコ人の日本愛」

国際

 1月29日、イスタンブール在住の日本人、高谷一美さんが交通事故に巻き込まれて亡くなりました。後藤健二さん拘束事件を取材するテレビ局のスタッフに同行した際の悲劇だということです。高谷さんは、イスタンブールに20年以上住み、トルコと日本との橋渡しに尽力してこられたコーディネーター、ライターです。生前、共著者として刊行した『ニッポンの評判』には、高谷さんのトルコへの想いが綴られた文章が収録されています。「世界で一番の片思い――トルコ」と題した章の一部を抜粋してご紹介します。

...

記事全文を読む