創立80周年なのに「トホホな阪神」ウラ事情

野球週刊新潮 2015年1月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 こいつは春から縁起がいいや――とはいかないのが球団創立80周年を迎える阪神である。戦力補強で優勝を狙うはずが、トホホなウラ事情もあって――。

 今オフの阪神は、米国から出戻ってオリックス入りした中島裕之(元西武)をはじめ、オリックスでFA(フリーエージェント)宣言した金子千尋、FA権行使でロッテからヤクルトに移籍した成瀬善久らの獲得にことごとく失敗した。

「阪神の機関紙であるデイリースポーツさえ、“補強全敗”と書く有様です」

 と語るのはスポーツライターの美山和也氏。

「首脳陣は鳥谷(敬)残留が最大の補強と喜んでいますが、昨季、打点王のゴメスや首位打者のマートン、最多勝のメッセンジャー、セーブ王の呉昇桓(オスンファン)ら外国人選手が今季も活躍してくれるとは限らないですからね」

 しかも、ドラフト1位で即戦力左腕の横山雄哉が、

「左の鎖骨周辺に炎症を起こし、しばらく投げられない状態です」(同)

 野球評論家の佐野慈紀氏はこう言う。

「鳥谷がメジャーに移籍していたら、外野手の大和をショートに、内野手の西岡剛を外野にコンバートする予定でした。外野でゴールデングラブ賞を取った大和を内野に移すなどチームにビジョンがない証拠です」

 そんな折、藤浪晋太郎が広島のマエケンこと前田健太と合同自主トレを敢行。

「エース同士が、仲良く自主トレなんて聞いたことがない。オフは監督やコーチが選手を指導してはいけない決まりで、どうトレーニングしようと勝手だが、チームに快く思っている者はおらんでしょう。決断力も統率力もない和田(豊)監督を続投させたのが正しかったのか。答えが出るシーズンだと思います」(野球評論家の有本義明氏)

 おみくじなら、凶を続けて引いたようなものかも。