無料のものを甘く見ない方がいい【岡嶋裕史インタビュー】/『ビッグデータの罠』

IT・科学

――ビッグデータを使えば、具体的にどんなことが可能なんでしょうか?
 現在のセンサーやコンピュータは、これまで不可能と思われていた量のデータ収集と計算を可能にしました。膨大(ビッグ)な情報を使うと、今まで知ることのできなかった関係が見えてきたり、予測できなかったことが予測可能になったりします。たとえばヤフーは国政選挙の際、検索数と得票数の相関からプロ顔負けの予測結果を公表しました。また、東日本大震災時、避難する車のカーナビのデータから、渋滞がいかに起こったか、また、起こらなかったかが分かるようになりました。

...

記事全文を読む