“ありのままの”“自分たちのサッカー”をどう考える? 養老孟司さんが説く「自分探しなんてムダなこと」

社会

 早いもので今年ももう3分の2が過ぎようとしている。

 今年の流行語は何になるだろうか。「レジェンド」「号泣」「ダメよ~ダメダメ」「STAP細胞」等々。すでにいろいろな候補が登場しているが、「隠れキーワード」とも言える言葉がある。

「自分」だ。

■「ありのまま」?「自分たちのサッカー」?

 え? そんなフツーの言葉のどこが? と思われるだろうか。

 でも、「アナと雪の女王」の「ありのままで」のサビの歌詞はご存知の通り「ありのままの“自分”になるの」だ。

...

記事全文を読む