デイリー新潮

IT・科学

免疫系を狂わせた「寄生生物の不在」/『寄生虫なき病』

 表紙が気持ち悪い寄生虫の写真で、タイトルが「寄生虫なき病」。それだけで本書を手に取ることをやめてしまう人がいるとしたら、あまりにももったいない。寄生虫は確かに重要な役割を占めるが、本書の主人公はあくまで微生物やウイルスをも含む、寄生生物である。

 人の腸内には古細菌やウイルスなどが千種類、総数では百兆個もの寄生生物が住みついている。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事