「iPhoneは欠陥商品だ」 未来を見通せなったバルマーとジョブズの差

IT・科学

 タッチスクリーン上に表れる仮想キーボードで入力──。アップル、アンドロイドを問わず、これがスマートフォンの基本的なスタイルとなっている。しかし、iPhoneの開発プロセスではここに至るまで、紆余曲折があったという。
 最近刊行された『アップルvs.グーグル―どちらが世界を支配するのか―』(新潮社)によれば、2005年に作られたiPhoneの試作品は無線電話付きのiPodで、クリックホイールを電話のダイヤルに使うものだった。スティーブ・ジョブズは、2007年のMacworld Expoで新製品としてiPhoneを発表したときに、昔ながらのダイヤルがついたiPodのスライドを映し出すジョークで笑いを誘ったが、2005年の試作品はまさにそのイメージだった。

...

記事全文を読む