一味違う韓国の「ブラック企業」事情

韓国・北朝鮮

 日本国内で「ブラック企業」が問題になってから久しい。つい先日は、居酒屋チェーン店での長時間労働等が原因で娘が自殺したという訴えが両親によって起こされたりもしていた。

 労使間では様々な軋轢が生じるのが人の世の常だろうが、お隣、韓国の企業の「ブラック」度は、かなり衝撃的だ。

 韓国メディアの報道をもとにした韓国論でベストセラーとなった『悪韓論』(室谷克実・著)の中では、現地「聯合ニュース」のこんな記事を一例として紹介している。

「1951人を対象に行ったアンケート調査によると、12.2%が『職場で暴行を受けた経験がある』と答えた。

...

記事全文を読む