EU崩壊のきっかけは中国から ドイツと中国の危うい蜜月

中国

 23日、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表され、35年の歴史で初めて輸入車が受賞した。独フォルクスワーゲン(VW)の「ゴルフ」だ。国内の登録車に占める輸入車の比率は2013年に過去最高の8%台となる見通しで、なかでもVWはトップシェアを誇る。2位はメルセデス・ベンツ、3位はBMWと、日本におけるドイツ車のシェア拡大の象徴的な出来事となった。

 VWと言えば日本のみならず、中国でも大きなシェアを獲得していることで知られる。2012年に中国で販売された車のうちVWが約15%を占めていた。

...

記事全文を読む