デイリー新潮

蓮舫

蓮舫
民進「蓮舫」代表、今さら戸籍内容公開を許さないプライバシーの壁
 前言を翻し、場を繕って、謝罪する。その「転身」ぶりは、およそ総理を狙う最大野党の代表に相応しくない。7月18日に開いた「二重国籍」の釈明会見に至るまで、民進党・蓮舫代表の説明は二転三転を繰り返していた。時には「プライバシーの壁」を盾にして――。  ***  東京・永田町の党本部5階の会見場に立った蓮舫代表は、「戸籍の一部を開示するが前例とすべきでない」と言いつつも、自らの戸籍謄本を含...
2017年7月27日

今日のオススメ記事