日本人労働者が食べていた弁当はまるで「豚のエサ」――それに激高した男が取った驚きの行動とは #戦争の記憶

国内 社会

  • ブックマーク

 1945年8月、朝鮮半島。6万人もの日本人難民の命を救い「引き揚げの神様」とまで呼ばれた男がいた。その名は、松村義士男(ぎしお)。一介の市民に過ぎず、戦前には労働運動へ身を投じたことで国家から弾圧されたアウトサイダーだったが、飢えや疫病により死の淵に立たされた同胞を本土へ帰還させるべく身を賭した。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。