性的な求めを拒絶した10代の姉妹を酒に酔ったソ連兵が射殺――性暴力は「日常」だった #戦争の記憶

国内 社会

  • ブックマーク

 1945年8月、朝鮮半島。敗戦の6日後にはソ連軍が北朝鮮に進駐し、難民と化した在留邦人に略奪と暴行の限りを尽くしたといわれるが、その凶暴性は何よりも女性たちに対してむき出しにされた。酒に酔ったソ連兵が、性的な求めを拒絶した10代の姉妹を射殺する事件も起きており、子どもたちの間で広がった“ソ連ごっこ”では、ソ連兵役の子が「女を出せ!」とロシア語で叫び、日本人の女性役の子を追いかけまわす――。性暴力は、もはや日常茶飯事だったのだ。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。