文末の「www」が敬遠される理由 高速で変化する“若者言葉” 昨年の流行語はもはや“死語”

ライフ

  • ブックマーク

旧2ちゃんのネットスラング

 日常生活や仕事で欠かせないコミュニケーションツールとなっているのがLINEだ。月間ユーザー数は9500万人で、どの年代にも幅広く使われている。ただ、年配の人や上司から送られてくる文章には、若者が違和感を抱く表現が多い。その中でも頻度が高いのが「w」の使い方。最近は多くの若者たちが「文末にwwwを使わない」という。なぜ「www」は若者から敬遠されるようになったのか?...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。