14歳・岩崎恭子を“金メダル”に導いた「意外な一言」とは?(小林信也)

  • ブックマーク

 1992年バルセロナ五輪、競泳女子200メートル平泳ぎ決勝は、希代のヒロインを誕生させた。

「いままで生きてた中で、いちばん幸せです」

 岩崎恭子、14歳。中学2年生で金メダルを取った少女の真剣な言葉に日本中があっけにとられた。...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。